アロマテラピーの語源について

▼ダウンロードもしくはポッドキャスト登録でお楽しみください。
iTunesでAromathérapie:近代アロマテラピーの始まりとその系譜を開いてみる
Aromathérapie:近代アロマテラピーの始まりとその系譜 mp3 ダウンロード

調香師 ルネ=モーリス・ガットフォセ(René-Maurice Gattefossé)によって、
ラテン語で香りを意味する「aroma:アロマ」とギリシャ語系統のラテン語に起源を持つ、
療法を意味する「thérapie (therapīa):テラピー」とを組み合わせて世に紹介された
「Aromathérapie:アロマテラピー」。

「Aromathérapie」を「芳香療法」、「アロマテラピー」という日本語に訳して紹介した、
まさにその人である翻訳家の高山林太郎氏。

その語源と、そこから発展したアロマテラピーの実際との間には
誤解されがちな部分があると語る高山氏。

AromathérapieはなぜAromathérapieとして生まれたかも含めて、
語っていただきます。

2013年06月27日 公開  | タグ: